ラーメン屋『MARCO』が京阪千林駅近くにオープンしたよ

こんにちは、フミカです!

京阪千林駅の近くに新しいラーメン屋、MARCOマルコ
オープンしたと聞き、お邪魔してきました♪

改札を出て右に曲がり、

かどを右へ。

高架下をくぐり、

まっすぐ進まず、右へ曲がります。

数メートル進んだ左側にありますよ~

ウッド調のおしゃれな外観。
女子やおひとり様でも入りやすそうな感じ♪

入り口がフラットなので、ベビーカーでも入れます。

店内はカウンターが9席。

メニューはシンプル。

今日は、
あっさりの淡麗 塩ラーメン(750円)をいただくことに。

じゃーん!(古っ)

今まで食べたラーメンのなかでも、
トップクラスくらいの上品さ

私がまず驚いたのは、チャーシュー
脂身の少ない肩ロースを使用し、低温でじっくり仕上げるレアチャーシューが2枚。
年配の方でも食べやすいように、薄めに切るというこだわりも。

そしてもう1枚が鶏チャーシュー
こちらは鶏むね肉を使用し、回りに香草がまぶしてあります。

なぜ2種類もトッピングしたかというと、
味に飽きがこないようにするためだそうです。
食べる側からすれば、
一杯のラーメンでいろんな味わいが楽しめるってことだから嬉しい♪

つづいては、麺。
香りや色、食感を少しでも自分の好みに近づけるため、
何度も製麺所に試作を依頼。
出来上がったのがこの細めの麺です。

そして、スープ。
とりを使用したスープで、透明度が高い!
あっさりなのにコクがあります。

そして、焼きヤングコーンや焦がし玉ねぎが味のアクセントに。

すべて計算つくされたこのラーメン。
めっちゃ美味しかったです♥️

オーナーさんに少し、お話を伺ってみました。
元々はイタリアンや焼肉屋、居酒屋など料理に携わる仕事をしていたのだそうです。

なかでもラーメンが好きで、家でも創作ラーメンを作っていたというから驚き!
しかしそれでは飽きたらず、活気ある旭区でラーメン屋をオープンさせようと決心。
吹田市にある某有名ラーメン店で情報収集をしつつ、
たくさんのラーメン屋を巡りながら、究極に自分ごのみのラーメンを作り上げたんだそうです。

店名のMARCO(マルコ)は、
あのマルコ・ポーロからとったのだとか。
世界を旅した彼のように、
このお店も大きくしたいという素敵な夢を語ってくださいました♪

オーナーのアツい想いがこもったラーメン、
ぜひ食べてみてください(*・ω・)

MARCO(マルコ)
大阪市旭区清水1-18-15
昼 11:00~15:00
夜 17:00~22:00
火曜定休

ドットコム編集部

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です