ひらパーで「めっちゃ!昆虫展」が開催中!

昆虫展、ひらパー

こんにちは、ぱぱ記者Kenです。

9つの章に別れて昆虫について多角的に紹介しているイベントが「めっちゃ!昆虫展」。今回はまま記者のともともとろこぴん、そしてその子供達4人(2歳から7歳)と一緒に体験取材に行ってきました

大人から子供まで楽しめる内容で構成されていて、個人的には2、3時間は充分楽しめると感じましたが、子供たちは中に入ると勢い良く走り出して、昆虫の模型やカマキリや蝶などの大型模型に目を輝かせていたり、大はしゃぎでクイズに答えたり、と忙しく館内を移動していきました。

展示物や内容はどれも興味深いものだったのですが、その中でも特に興味を惹かれたところを取り上げて紹介します。

最初に目を惹いたのは「世界のゴキブリ」。まずゴキブリを昆虫に含めた勇気を讃えたい。巨大なゴキブリホイホイは子供たちが中に入って楽しめる様になっていて掴みはGOOD。
昆虫展、ひらパー

ゴキブリの展示スペースに入ると世界のゴキブリについてのパネルや実物が!!ゴキブリは3億年も前から生存していて、私たちの大先輩なんです。インドに生息するハテナゴキブリにはカワイイ柄があって、てんとう虫かと思ってしまいました。
昆虫展、ひらパー

昆虫展、ひらパー

また、巨大なゴキブリホイホイの向かいに展示されているバッタの巨大な写真は見逃せない1つです。
昆虫展、ひらパー

隠れた昆虫を探すクイズでは、保護色で自然と同化した昆虫たちが潜んでいる写真をみて、昆虫を探すのですが、これが難しい。昆虫たちにとっては生きるか死ぬかの境目になるかくれんぼなので、なかなか見つからなくても当然かもしれません。
昆虫展、ひらパー

この展示会の特徴の1つと言えるのは、兎に角巨大な昆虫の模型が沢山あること。前足のカマが動く巨大なカマキリは体長が6mもあるそうです。その先には巨大なクワガタの展示があったり、別のスペースには蝶やハチの巨大模型と共に説明パネルが並んでいたり、上に乗って記念撮影出来るカブトムシや蚕があったり、と子供達にとっては堪らない空間になっていて大はしゃぎしてました。
昆虫展、ひらパー

昆虫展、ひらパー

昆虫展、ひらパー

昆虫展、ひらパー

巨大な蝶の模型の前には、網で囲まれた生体展示があり、そこでは国蝶のオオムラサキという蝶の幼虫が成長していく過程を実際に見る事が出来る様になっています。
昆虫展、ひらパー

私たちが訪れた時期は、幼虫はまだ茶色で枝や茎に隠れる様に留まっていましたが、これから幼虫は時が経つにつれて緑色に変色して葉などに留まる様になり、その後さなぎを経て成虫のオオムラサキになります。時期を分けて通えばこの変化を実際に見ることが出来ます。そしてここにはチョウタロウ先生という蝶の専門家がいることもあるので、もし出会ったら蝶の事は何でも訊いてみて下さい

学びという観点からは、昆虫の生体や能力を活かして新たな技術を開発する事をバイオミメティクスと言うのですが、今回の展示では蝶の翅の形や表面の構造、蛾の網膜の構造などを研究した結果産み出された技術も紹介されています。子供だけでなく大人もビックリの知識です。

ストラクチュアルブルーに塗装されたレクサスと、向かって左側に映り込みが出ない特殊加工されたガラスを使用している額。
昆虫展、ひらパー

昆虫展、ひらパー

最後に最近話題になっている昆虫食を紹介します。
元々日本は昆虫を食べる文化を持つ国だったことはご存知ですか?そして世界の人口の約3分の1以上は昆虫を常用食としている事は?
そのまま姿焼きなどで食べようとすると抵抗が大きいと思いますが、私はコオロギや蝉などを食べた事がありますが、食べてみると以外と美味しかったりします。
昆虫展、ひらパー

まま記者のコメントも聞いてみました。
ろこぴん★ 巨大な模型に乗って写真を撮影出来たり、本物のように動く大型模型が子ども心を鷲掴みでした!
★ クイズや写真に隠れた虫を探す挑戦には興味津々で、楽しんでました!
★ 幼虫、サナギ、成虫(蝶)と変化を見られるので、何度来ても楽しめる仕組みがあるのが面白いです!
★ ゴキブリホイホイも楽しかったです笑
★ 虫の鳴き声が、自然すぎて気づくまで時間がかかってしまいました

ともとも★ カマキリが動いていたのが1番たのしかった(5歳の感想)
★ コオロギスナックおいしい(2歳の感想)
★ 昆虫食の展示に1番興味を持ちました。タガメは食べれる気がしない…
★ 紫のキラキラな蝶が、私好み
★ 蝶太郎先生に会えて嬉しかった

昆虫展を見終わったあとは、ひらパーのテーマパークへそのまま移動。昆虫展の入場チケットがそのままひらパーの入場チケットにもなっています。

移動したらまず腹ごしらえということで、レトログルメフェスティバルで提供されている昭和風の料理を頂きました。
昆虫展、ひらパー

春休みと言う事もあり、それなりに混雑していたことと、子供達が広い場所で走り回ったりぐずったりしていたので、乗り物は4つ程しか乗れず、体力の限界に。

まま記者の二人はベビーカーの貸出がある事を高評価。また、ろこぴんは「年齢制限、身長制限のある一部の乗り物への同伴(15歳以上)が無料」というのは有難いしびっくりした!」と。
そして「そして幼い頃に乗っていたアトラクションで現役のものもあり、懐かしさもあって、心温まりました。子どもと一緒に来ると当時の親の気持ちが分かりますね笑」とも。

親子揃ってとっても楽しい1日でした。
昆虫展、ひらパー

イベント概要

めっちゃ!昆虫展
開催期間 6月25日(日)まで ※期間中休園日あり
開催時間 10:00~17:00 ※最終入場は16:30
チケット料金 おとな(中学生以上):2,000円 こども(2歳から小学生):1,100円
※ひらかたパーク入園特典付き
WEBサイト http://www.hirakatapark.co.jp/23-insect-exhibition
※最新情報はWEBサイトやSNSでご確認ください

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加

おススメの記事はこちら

  1. 9月9日(日)鶴見区民まつりは開催中止になりました!

  2. スイスホテル南海大阪、マリークヮント、コラボレーション

    【11月3日~12月31日】スイスホテル南海大阪とマリークヮントのコラボレーション

  3. シングルマザーを対象とした「ママ幸プロジェクト」開始

  4. 都島区民センターでの楽しいイベント♪

  5. 猫の手

    『都島区高倉町』夕食付き!学童保育 猫の手、児童募集中です。

  6. 鴫野のAum(アウム)がボリューム満点モーニングと可愛すぎるランチを始めます!

 

スポンサーリンク

  1. コメダ珈琲店 今福鶴見店、今福鶴見 カフェ

    【鶴見区】抹茶&ボリューミーなサンドイッチ好きにはたまらん期間…

  2. 【イベント】6/16 都島で「mamaコムマルシェ」開催!

  3. コメダ珈琲店 今福鶴見店、今福鶴見 カフェ

    【鶴見区】リニューアルオープンしたコメダ珈琲店 今福鶴見店にいっ…

  4. くるくるアフタースクール 都島 学童

    西区で人気の学童が都島に!自然派学童くるくるアフタースクール

  5. かごの屋、鯛めし

    【かごの屋 全店で実施の特典あり】春の名物!鯛めしフェアが始まっ…

  1. コメダ珈琲店 今福鶴見店、今福鶴見 カフェ

    【鶴見区】抹茶&ボリューミーなサンドイッチ好きにはたまらん期間…

  2. コメダ珈琲店 今福鶴見店、今福鶴見 カフェ

    【鶴見区】リニューアルオープンしたコメダ珈琲店 今福鶴見店にいっ…

  3. くるくるアフタースクール 都島 学童

    西区で人気の学童が都島に!自然派学童くるくるアフタースクール

  4. かごの屋、鯛めし

    【かごの屋 全店で実施の特典あり】春の名物!鯛めしフェアが始まっ…

  5. 寺子屋ダカーポ、大阪市鶴見区、放出

    【鶴見区】不登校や発達に不安のある子にも寄り添ってくれる塾@寺…