Mogu Mogu HOUSEの『米育』親子クッキング教室を取材してきました

B8E68CCC-3F54-4EE6-90B6-6F13DD90ACC1

ともとも

こんにちは、ともともです!

みなさん、中央2丁目におうち子育てサロンがあるのはご存知でしょうか?

その名もMogu Mogu HOUSE

Mogu Mogu HOUSE(モグモグハウス)ってどんな場所?

ママと子どもの学び・交流の場として、サロン運営スタッフちぐささんの自宅で、様々な講座を展開中。

講座内容は

◆ベビーマッサージ

◆2歳からの『米育』親子クッキング教室

◆アレルギーがあるお子さんのママのための料理教室

◆「親勉」体験会…などなど

ちぐささんは、息子さんの離乳食をきっかけに、離乳食期からの食事の重要性を感じ『米育』離乳食講座、親子クッキング教室を通して、お米中心の食事を推奨されています。

私も娘が生後3ヶ月のときに離乳食講座を受講し、健康を手に入れる食事を知ること、そして実践することの大切さがとても勉強になったことを昨日のことのように覚えています。

そこで今回は、私が今1番気になっている『米育』親子クッキング教室を取材してきました。

『米育』親子クッキング教室の対象は、2歳から未就園児まで

こちらは、子ども主体で進めていく料理教室です。

ママの役割はズバリ見守ること

自分で作る力を育むためには、興味を持ったその時に体験させてあげることが大切。

「危ないから」「時間がないから」という言葉で、子どもの「やりたい!」という気持ちを置き去りにすることがないように、また料理の楽しさや危険をしっかり学ぶために開講されている講座なんです。

ちなみに今回のメニューは

◆ごはん

◆きのこ味噌汁

◆ふわふわハンバーグ

◆春キャベツとツナのお浸し

◆さつまいもとチーズのサラダ

作ってくれたのは2歳半の男の子でした。

◆ごはんは、お米を研ぐことから。

途中でお米をばらまいてしまいましたが、先生の「お米さん仲間はずれにしないでね」との言葉を聞くと、1粒残らず集めてくれました。

◆春キャベツとツナのお浸しでは

先生にピーラーの使い方を教わりながら、にんじんの調理。こうやって教えればいいのかと、かなり参考になりましたよ。

自宅だと、やっぱり「刃物は危ないからやめとこう」って言ってしまいますよね…

◆きのこ味噌汁では、きのこの種類もお勉強

お味噌も上手に混ぜて入れることができました。

◆ふわふわハンバーグは、手がベタベタするのが気持ち悪そうでしたが、上手にこねてくれていましたよ。

◆もちろん、配膳までバッチリです。

「いただきまーす!」

ママも、嬉しそうに食べてらっしゃいました。

今回、参加されていたママは

「料理をはじめ、色んな事を体験させたいなと思っていたのですが、自分ではどうすればいいのかわからなかったので、参加してみました。今回で2回目の参加でしたが、前回はぺったんこ餃子を作りました。」

とおっしゃっていました。自分ではどうすればいいのかわからないこと、たくさんありますよね…

運営スタッフちぐささんからのメッセージ

「もしかしたらうちの子、迷惑かけてしまうのではないかな…など考えなくて大丈夫。講座中の叱り役は私がするので、ママは頑張ったことをたくさん褒めて、料理って楽しいという想いを共感し、一緒に達成感を味わってほしいです。そうすることで、子どもたちの「また、やりたい」につながっていきますよ。」

女の子がいると、キッチンセットを購入されているご家庭も多いかと思います。

この講座は2歳から受講可能なので、ぜひ本物の道具と食材で、お子さんと一緒に達成感を味わってみませんか?

もちろん男の子の参加も大歓迎。

 

次回の『米育』親子クッキング教室

開催は4月24日(水)11:00~13:00

参加費は親子ランチ付きで1組3,500円。3組限定です。

メニューは、参加されるお子さんたちの年齢を見て決めてくださるそうなので、お楽しみに。

5月で2歳になる娘がいる我が家は、あと1ヶ月我慢しようと思います…

Mogu Mogu HOUSE
【住所】 城東区中央2丁目

(自宅子育てサロンのため、予約時にお伝えいたします)

【メール】 こちら
【ブログ】 こちら
【SNS】 instagram

城東区ドットコムLINE

城東区ドットコムSNS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です