英語絵本ワークショップが大人気の理由はこれだった

B8E68CCC-3F54-4EE6-90B6-6F13DD90ACC1

ともとも

こんにちは、ともともです!

鶴見区在住の私ですが、城東区でママたちに大人気の英語絵本ワークショップが毎月、開催されていると聞きつけ、さっそく取材に行ってきました。

英語絵本ワークショップとは一体?

講師は、親子英会話教室も営まれているMASAMI先生

教室に通うママたちから「どんな絵本を選べばいいかわからないんです」との声が多かったので、2年前から角屋がもよんビル3階にある

グリーンベリーズコーヒーのキッズスペースで月に2回、英語絵本ワークショップを開催されているそうです。

こちらは、親子英会話教室に通っていなくても参加可能

この日もほぼ満席状態でした。

英語絵本ワークショップでは、絵本のチョイスにもこだわりが

生活の中で使える言葉が多い絵本を選ばれているそうです。

この日は、ディビットがママに怒られる絵本と、そのことをディビット目線で書かれた絵本。

誰目線で書かれたかによって内容が違っていたのが面白かったです。

また、先生が何度もおっしゃっていたことは、読んだらすぐ次のページに行くのではなく、じっくり絵を見て、そのページの余韻に浸ること

子どもに「ディビッド何してる?」と問いかけ、考えさせてみるのも良いですよ。とおっしゃていました。

英語に自信のないママが自信をもって絵本が読めるように、発音の練習もあるのが良いなと思いました。

アシスタントの先生が、子どもたちの相手をしてくれるので安心

英語絵本ワークショップでは、グリーンベリーズコーヒーのキッズスペースが子連れに優しいという理由はさることながら、アシスタントの先生が子どもたちと一緒に遊んでくださることがママ目線でのおすすめポイントです。

ママたちは、すぐそばで安心して勉強に集中されていましたよ。

読み聞かせ以外にも学びが多いのが人気の秘密

海外での生活が長かった&外国人の友達が多い先生が、欧米文化についてもお話しくださいます。

ちなみに今回は、日本と欧米の子育てに関する違い

日本は子どもが外で騒ぐと、人の迷惑にならないように必死に黙らせようとしますが、欧米では外で騒ぐ子に対しては「元気だね」と寛容なんだそうです。

それ以外にも、パスポートの名前表記に関することも教えてくださいました。

例えば、「えまちゃん」だとローマ字ではEMAですが、それだと欧米の人は「イマちゃん」と読むので、パスポートにはEMMAと表記する必要があるそう。

「こ」もローマ字ではKOですが、パスポートはCOと表記してくださいとのこと。名前に「こ」が入る人は要注意です。

また、先生は保育士のお仕事もされていたので、育児に関する質問ができるのも嬉しいなと思いました。

夏には、トイレトレーニングがテーマの読み聞かせもあるそう。

こちらの英語絵本ワークショップで、英語に自信をつけてみませんかー?

英語絵本ワークショップ
【3月開催日時】 ★3月19日(火)

10:00~11:30

★3月25日(月)

10:00~11:30

【場所】 グリーンベリーズコーヒー
【受講料】 2,000円

(別途1オーダー制)

【問合せ】

【申込み】

こちら

城東区ドットコムLINE

城東区ドットコムSNS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です