新森7丁目のお洒落で人気の花屋といえば tokinohana ときのはな

こんにちは、ろこぴんです。
今回はステキなお花屋さんtokinohanaさんを紹介します~

tokinohana ときのはな の場所はこちら

地図のマークの部分です。
旭東中学校の北側を東へすすむと左側にあります!

内環状線から徒歩だと5分ほど。自転車で2分ほどです。

tokinohana ときのはな は生花専門店

店の前を通るとお店のステキさに入りたくなります。

そして、『おしゃれ~♪』『きれい!!』『かわいい!!』と思わず声を上げたくなるほどお洒落できれいな店内。

思わずこのお花欲しいな~と選んでしまいますよ!

ときのはなのお洒落な店内

見てのとおりステキな生花がずらり~
とってもきれいですよね!

入り口にたくさんの生花があり、思わず入りたくなります。
中に入ると数多くの生花が出迎えてくれます!

定番の花しかわからないわたしにはとても新鮮で、初めて見る花もおおくあります。
このときは造花のような質感で今人気急上昇の花もありました!

ときのはなのフラワーベースもお洒落

お花に併せてコーディネートできるようにと、フラワーベース(花瓶)もたくさん。
しかも、お洒落でかわいい!

フラワーベースだけでも迷ってしまうほどです。
たくさんほしくなりますよね♪

tokinohanaについて聞いてみました

ここはインタビュー形式に記述しているので店主は【店】、ろこぴんは【ろ】で表記します。

花屋さんを始めたのは?

【ろ】どうしてお花屋さんを始めたんですか?
【店】中学の頃から花に魅力を感じていました。当時の卒業文集にも『花屋になりたい!』と書いてましたね。
【ろ】そうなんですか!夢が実現したんですね!でもどうして花に魅力を感じたんですか?

【店】実は僕の母親がお花の教室をしてたんです。その影響で子どもの頃から花を見ていたからだとおもいます。
【ろ】花屋さんだったんですね~。
【店】そうなんです。で、中学生のころから母親のアレンジメント教室の手伝いをしてたんですよ。

【ろ】え!中学生からですか!?
【店】手伝いといっても教室を受講する人の花の準備ですけどね、そこから花に携わる仕事を直に見てこの道に進みたいと思ったんです。そのまま高校生のときもアレンジメントを作ってみたり、、、これは趣味でつくってたんですけどね。で、専門学校に進もうと東京の学校に体験に行きました。
【ろ】お花屋さんへの道に一直線ですね!

【店】ところが、その専門学校は体験のみで行かなかったんです。1年間フリーターをして、、、大阪にある花の専門学校へ行くことにしたんです。で、改めて『コレだ!』と思いました。
【ろ】改めて『コレだ!』と思ったのは何かあったんですか?

【店】そうですね、、、花が好きだったのもありますが、自分自身をモノで表現できるのが良かったんです!
【ろ】そうだったんですね~。その再認識があって、ずっと続けてこられたんですね。

tokinohanaの始まり

【ろ】卒業からスグにお店を始めたんですか?
【店】ん~~実は、専門学生のときに今の花屋に就職したんです。
【ろ】ここにですか?

【店】元々アトリエルンルという店名で東三国にあったんですけど、そこに就職してたんです。東三国では有名なお店で、テレビの装飾の仕事もその時からさせていただいてます。会社の受付に置いてる花も担当させていただいたりで。
【ろ】すごいですね!テレビや会社のお花まで。では、今は引き継いでらっしゃるということですか?
【店】そうです。去年移転したばかりですが。雰囲気は残していますよ。

tokinohanaの今後の夢はありますか?

【ろ】今後は何かお考えですか?
【店】お店を増やしたいですね。何店舗か出店したいです。地元の人にも花のある暮らしをして欲しいという思いがおおきいです。家にお花が当たり前にあるようになってほしいなと思っているので。

【ろ】わたしもお花のある生活に憧れています。ちょっとでも良いから何かお花を飾れたらと。ちなみに、好きな花はありますか?
【店】どれも好きなんですよね。枝だものも好きですし、暖かみのある色合いで優しい感じがするお花もすきで、見てて癒やされます。
【ろ】確かに、癒やされますよね♪

花の魅力and花屋の魅力

【ろ】では最後に、お花の魅力とお花屋さんの魅力は何ですか?
【店】花の魅力は、誰もがそうだと思ってるのですが、もらっても嫌な気分にならない。本当に癒やされるところが魅力です。花屋の魅力はみんなに『ありがとう』と直接行ってもらえるのが嬉しいです。プレゼント購入のお客様が多いですが、プレゼントされた人も喜んでくださるので。

【ろ】そうですね。プレゼントでお花もらえたら嬉しいです!ちなみにプロポーズとかもありましたか?
【店】ありましたよ。もちろん男性のお客様ですが、その日彼女と自宅にいて、『自販機でジュース買ってくる』といって家を出たそうなんです。その足で当店へ。
【ろ】え!サプライズですね~。指輪を花束にいれたり、、、ですか?

【店】その方は事前にプロポーズする予定を立ててた訳では無く、思い立ってすぐ来られて、『今から彼女にプロポーズしたいので、花束をお願いします!!』とおっしゃって。指輪の準備も無かったようでした。
【ろ】そうなんですか!でも、ステキですね。きっと今もお幸せなんでしょうね~♪
【店】そうですね、あれからご結婚されて、今ではご夫婦で当店にいらっしゃいますよ!
【ろ】わぁ~プロポーズだけでもステキだと思ったのに、ご夫婦でもお店にいらっしゃるんですね~。それは嬉しいですね。
【店】そうですね!!

tokinohana ときのはな は生花専門店 cucunochi くくのち はドライフラワー専門店

今までtokinohanaについて書いていましたが、実はcucunochiというとてもお洒落なドライフラワー専門店も清水にあるんです。

cucunochi のドライフラワー

くくのちのドライフラワーは乾燥機を使ってつくります。
自然乾燥のドライフラワーはよく見かけると思いますが、見た目も香りも乾燥機を使うことで格段に良くなるそうです。

実際に見ましたが、とっても良い香りでぱっと見たときはドライフラワーに見えないほど色鮮やかでした。

ちなみに、モチもよいそうで、3年以上もつモノもあるそう。(湿度には注意してくださいね!)
このドライフラワーがくくのちではリーズナブルに購入できるそうですよ!

ワークショップが人気

くくのちでは、ワークショップが大人気。それも予約が取れないほどだとか。

わたしの友人も参加していましたが、とってもお洒落なドライフラワーの飾りを作っていましたよ~
参加してみたい人は早めに予約してね!

余談ですが、こちらのドライフラワーはtokinohanaでも一部取り扱いもあります。

cucunochiの場所

tokinohanaより少し北側にあります。
OsakaMetro 今里筋線 清水駅より 徒歩2分。

ママ記者の感想

実際初めて行ったときにステキなお店だとおもいました。入った瞬間お花のある暮らしを想像して、購入したくなったほど。一度購入したことがありますが、フラワーベースや花の長さなども相談できるので、とてもありがたかったです。お花に少しでも興味がある人にはオススメ!
この道20年の店主がお花の質問に答えてくれ、アドバイスもしてくれます。
また、オンラインでも注文で宅配もできるそう。そのほかにも冠婚葬祭のお花の依頼もできますよ~。

母の日、クリスマスやお正月、歓送迎会、節句などなど、是非利用してみてね♪

お店詳細

tokinohana ときのはな
住所 旭区新森7-4-32
電話番号 06-6978-4602
営業時間 SNSにてお知らせしています。
定休日 SNSにてお知らせしています。
ホームページ http://tokinohana.jp/
Instagram https://www.instagram.com/_tokinohana_/
オンラインショップ https://cucunochi.base.shop/
メール info@tokinohana.jp
cucunochi くくのち
住所 旭区清水4-3-5
電話番号 tokinohanaの電話番号まで
営業時間 SNSにてお知らせしています。
定休日 SNSにてお知らせしています。
ホームページ http://cucunochi.net/
Instagram https://www.instagram.com/cucunochi_flower/
オンラインショップ https://cucunochi.base.shop/
メール tokinohanaのメールまで

ドットコム編集部

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です