旭区で買える平成最後の秋に読みたい絵本5選【現役ママオススメ】

こんにちは、ヨシムラです(^O^)/
まだまだ残暑が厳しいですね。
体調など崩したりしてませんか?

読書の秋を子どもと一緒に
絵本で楽しもう!

残暑は厳しいけど季節は秋に近づいてます。
子どもと一緒に楽しめる「秋」といえば!!!
食欲の秋?運動の秋?読書の秋?
どれもワクワクしますね。
今回はこの中から『読者の秋』にちなんで
子供に読ませたい絵本5冊紹介します!
ご協力いただきました本屋さんは
「風の本屋」 →以前紹介した記事はこちら
TEL:06-6951-0498
旭区森小路2-11-28

旭区の”風の本屋”がオススメする秋の絵本

くいしんぼうのおつきさま

くいしんぼうのおつきさま
ほしぞらレストランに現れたのはおなかペコペコのお月様。
コックさんはその夜お月様にぴったりの食べ物を用意すると言うお話。
「どうして、そらに のぼらないのですか?」「おなかが ぺこぺこで、げんきが でないのです」コックさんがもってきたバナナを1ぽんたべると、おつきさまはすこしふっくらとしました。たべものをどんどんたべて、ながいじかんひかることができるようになってきたおつきさまですが…

楽しみながら、月の満ち欠けが学べる絵本です!この絵本は色使いが凄く綺麗で見てるだけでワクワクします。

出典:文研出版

 

こんばんはあおこさん

こんばんわあおこさん
寝るのなんてつまらないと夜なかなか寝ようとしないあおこさん。するとその声に誘われながら、こうもり、ほたる、月などと出会い、楽しい夜の時間をすごすと言うお話。おやすみなさいの絵本、優しい語りかけと共に、心地いい眠りに付ける絵本です。
出典:アリス館

きょうはそらにまるいつき

きょうはそらにまるいつき

 夕暮れの公園で、乳母車の中から赤ちゃんが空を見ています。東の空から、まんまるい月がのぼってきました。バレエの練習から帰る女の子や、新しい運動靴を買った男の子、仕事が終わった洋裁店の親子や、ギターの練習をしている人、夕食のかたづけをするおじいさんとおばあさん。町に暮らす人たちも、ふと見あげた空にまるい月をみつけます。公園にあつまった猫たち、山にいる熊の親子、海でジャンプするクジラの上にも、まるい月が輝いています。それぞれの人が暮らす、それぞれの場所に、やさしい光がふりそそぐ夜。町の公園では、にぎやかなお祭りがはじまりました。

まん丸のお月様を見ると、ほっこり。大阪に住んでいると街灯が街を照らしてくれますが、ふと月の明るさに気づいたときには、ほっとしますよね。子どもを空を見上げるきっかけにした絵本です。
出典:偕成社

 

14ひきのひっこし

14ひきのひっこし・14ひきのあさごはん

 

もりのおくめざして、さあしゅっぱつ。川をわたり、不安な一夜をすごして、やっとみつけた、すてきな根っこ。みんなで力をあわせて家をつくり、はしも、すいどうもできた。たべものもたくさんあつめて、さむい冬がきてもだいじょうぶ。みんな、ほんとうにごくろうさま。

出典:童心社

 

14ひきのあさごはん

もりのあさ。のいちごつんで、どんぐりのこなでパンづくり。きのこのスープもできた。みんなでつくった、あさごはん。14ひきのあたらしい一日のはじまり。出典:童心社

言わずと知れた
「14ひきのシリーズ」
おじいさん、おばあさん、おとうさん、おかあさん
それと10ぴきの子どもたち。
「”くんちゃん”どこ~?」

お気に入りの子を見つけて
ページをめくるたびに探す楽しさが
子ども心をわしづかみにしますよね♪

 

平成最後の秋を楽しもう!
本を読もう!
本屋さんへ行こう!

いかがでしたか?
夏休みは終わって、
多くの人がいつも通りの生活に戻ったと思います。
生活リズムを取り戻すまで
少し時間はかかるかもしれませんが、
子どもと一緒に絵本を読んで
平成最後の秋を楽しみましょうね♪

 

9月21日(金)に
ライジング旭ドットコム主催の
ママ友作り会の開催を予定しています♪

大阪に引っ越してきた
ママになりたてで困りごとがある
身近に相談できる相手がいない
ワンオペ育児しんどい

同じ旭区で子育てをしている私たちに
どんどん愚痴ちゃってください!

場所や詳しい日時については
後日WEB上でお知らせします♪

 

 

ドットコム編集部

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です