こんにちは、妊婦さん♪暑い夏を快適に過ごすワザ大公開

こんにちは、フミカです。

旭区で毎月、母子手帳をもらいに行く妊婦さんが何人ほどいるかご存じですか?

なんと5、60人いるんだそうです。

年間で700人ほど、ママさんが誕生しているんですねー♪

 

とってもハッピーなことなんですが!

妊婦で過ごす夏は、とにかく大変。

体調管理が難しいんですよねー💦

○体温は上がるのに、冷やすと身体に良くない。

○暑いから水分をたっぷりとるけど、むくみが気になる。

○ただでさえつわりで食欲がないのに、暑さで余計に食べられない。

…などなど、悩みは尽きません。

 

そこで、

3人の出産経験をもつフミカが

夏を乗り切る裏ワザをご紹介します。

 
「クールネック」を活用して、冷房の温度を28度に設定

最近は100均などでもよく見かける、
「クールネック」。

あれは侮れないです!(笑)
水に浸けてから使うタイプや、専用の保冷剤を凍らせて使うタイプなどがあります。

ひととおり試したことがありますが、
一番おすすめなのは、水に浸けてから使うタイプ。

保冷剤のように即冷感はありませんが、
気化したら、また水に浸けるだけですぐに冷たさを取り戻します。

この手軽さがいい!

そして、清潔感を保つならやっぱり布が一番。

洗濯できるものがいいです。

妊婦でも使える「ハッカ油」を活用して、清涼感を楽しむ

ミントのなかでもメントールの含有量が多いので、
より強い清涼感が感じられるハッカ油。

とはいえ、「ハッカ油」そのままで使うわけではありません。

私の場合、先ほど紹介したクールネックを浸す水に数滴垂らして使っていました。

清涼感が増すだけでなく、

イライラの軽減やリラックス効果があるので、

妊婦さんにはありがたい♪

「ハッカ油」は、

薬局なんかで手軽に手に入ります。

興味のある方は、試してみてくださいね♪

※あくまで個人的な意見です。自己責任でお願いしますm(__)m

 

気軽に食べられる「旬の野菜」で食欲と栄養を保持

みなさんもよくご存じでしょうが、

食べ物には「旬」というものがありますよね。

  • トマト
  • おくら
  • ナス
  • モロヘイヤ
  • ズッキーニ

などが挙げられます。

 

色合い豊かなカラーの野菜たちは、
暑さやつわりで減退しがちな食欲を掻き立ててくれるんですよねー♪

例えばトマト。

ビタミンAとCがたっぷりで、
ビタミンEを多く含むものと一緒にとるのがいいと言われています。

生の野菜は身体を冷やしてくれますが、私の場合は、
トマト&ピーマンをビタミンEが豊富なオリーブオイルと、
少量のガーリック(これも夏が旬)で軽く炒めて食べていました。

香味野菜を使えば塩分も抑えられるし、むくみ対策にもなりますよね♪

 

しかもピーマンは、ビタミンCが豊富。

熱に弱いビタミンCですが、
ピーマンは組織が強いので熱しても壊れにくいんだそうです。

ちなみにデザートのオススメは、

冷凍グレープフルーツ。

実をむいたら、あとは凍らせるだけの簡単ヘルシーデザート♪

どうしても食欲のないときや、
体重制限をしないといけないのに食欲を抑えられないとき、
両方にイケちゃいます。

ヨーグルトなんかにも入れて食べていましたよ。

 

 

いかがでしょう?

実体験をもとに紹介してみましたが、

旭区ママさんのお役に少しでも立てれば嬉しいです♪

fumika

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です