大宮神社のえびす祭に行ってきた

こんにちは、まゆです。

今日は1月10日。各地で「本えびす」をしていますね。

毎年えべっさんに行きますが、今年は大宮神社のえびす祭に行ってきました。

さて、車で行ったものの、案の定交通規制

最寄りのコインパーキングは満車だったので、「中宮2丁目」のコインパーキングへ

歩いて5分くらいですかね。ここもいっぱいなら、南に走っている大きな通り(区民センターとかある通り)まで行こうかと思ってました。もっといいコインパーキングご存知の方は教えてください♪

さて、お参りしましょう。

鳥居の真ん中は神様の通り道なので、鳥居をくぐるときは端を。一礼して入ります。

去年の笹を返すところ。

その体面にお手洗いがあります。
小さなお手洗いですが、きれいでした。

お手洗いが明るいところにあると安心ですね

さてさて、まずは手水舎で清めます。

手を洗う時の作法の確認

  • 手水舎に入る前に手水舎にむかって一礼をします。
  • 右手で柄杓を持って水盤から水を汲みます。
  • 左手を水で清めます。
  • 柄杓を持ち替えて右手を清めます。
  • また柄杓を右手で持ちます。
  • 左手に水を少し溜めて口を清めます。
  • 口がついた左手を清めます。
  • 柄杓を垂直に立てるようにして柄杓の持ち手を洗い清めます。
  • 柄杓を元の場所にうつ伏せに戻します。

ところで、この水が出てくるところですが「龍」になっていることが多いですよね。

龍は神様の一柱であり、水と雨、雲を司る神様として信仰されてきました。
さらに水は命の源であり、邪気を払う神聖なものとされました。
そのため、神社で身を清める手水舎に流れる水を、龍神様から出る水で神聖なご神水として表現したそうです。

拝殿にお参り

手を清めたら、お参りですね。

「ニ礼二拍手一礼」はご存知だと思うのですが、みなさんはお祈りするときに「自分の名前」を唱えてますか?

神道では特別な唱え言はないのですが、心の中で「自分の名前」「感謝の気持ち」「誓い」を伝えると良いと言われています。

自分の名前(私は住所まで言うのでいつもみんなに「長い」と言われてしまいます・・)を唱えるようにするといいですよ。

福笹と福引き

大宮神社では、福笹を買うと福引券がもらえます。

特賞の高級毛布がほしい・・・・

息子よ・・・がんばれ!

・・・・

5等「のし袋」でした。

うん。

そして、おみくじ!

「吉」でした。

うん。

 

お参りの後は、息子お待ちかねの「屋台」

 

今年も良いお参りができました。

家内安全・商売繁盛!

地域のお店がますます繁盛いたしますように!

明日は「のこりえびす」ですね。

お天気も大丈夫そうですので、まだお参りされていない人は是非。

最後に、笹の飾る位置

お家に持って帰ってきた福笹。

まず、神棚のあるお家は神棚に飾ってください。

私の家のように「神棚はないよ・・・」という場合は、

「南向き」もしくは「東向き」で、目線より高くてキレイな場所に飾ると良いそうです。

※このとき注意して欲しいのが南や東に飾るのではなく、「南向き」「東向き」に飾るようにして下さい。南向きなら北の壁などに、東向きなら西の壁などに飾ります。

 

【大宮神社】
旭区大宮3丁目1−37

mayuko

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です