放課後等デイサービスと就労支援事業の多機能型事業所が、本庄東にオープン!

ディープレイス

こんにちは、しげながです。

 

今日は、大阪市北区に2018年10月に新しくできたこちらの施設を紹介します~♪

ディープレイス

ディープレイス Dplace

放課後等デイサービスと就労支援事業所の多機能型事業所です。

 

放課後等デイサービスってなに?

 

放課後等デイサービスとは…

放課後等デイサービスは、6歳~18歳までの障害のあるお子さんや発達に特性のあるお子さんが、放課後や夏休みなどの長期休暇に利用できる福祉サービスです。
個別療育や集団活動を通して、家と学校以外の居場所やお友だちをつくることができるので“障害児の学童”とも表現されます。  https://houkago-step.com/dd/houkago-day/3996/から引用

 

放課後等デイサービス「ディープレイス」はどんなとこ?

 

ディープレイスの特徴は、

・夜21時まで利用できる。
・IT・パソコン・ロボットプログラミングが学ぶ事ができる。
・高校を卒業したら、就労移行支援で学ぶ事ができる。

 

など、放課後等デイサービスと就労支援事業の2つを併せ持つ施設は大阪にまだ少ないのです!

・夜21時まで利用出来るのはなぜ?

 

一般的な放課後等デイサービスは18時までのところが多いそう。

ディープレイスは
部活終わり、生徒会など学校行事で18時までに間に合わない中学生や高校生でも利用できるように
13時~21時の営業時間になってます。

これなら夜遅くまで仕事をしている親御さんも、安心して預ける事ができますね 💡

ディープレイス

自閉症の子などは、壁向きに席を作ると安心するそう!
そういうところまで配慮して作られてます。

 

IT・パソコン・ロボットプログラミングを学ぶ事ができる!

ディープレイスの施設長がIT・web業界で働いてきた経験があるので、IT・パソコン・ロボットプログラミングを学ぶ事ができるんです♪

 

ディープレイス

スマホからロボットを動かしたり、簡単な器具を使ってロボットの進む方向を示唆したり。

 

結構頭使いますよ~。

プログラミングは、
「こうするとこう動くんだ」
「左に曲がってほしいときはどうしたらいいのかな?」

など自分で考える力が付くんです。

これも発達障害を持っている子どもにとってはとても良い授業です。

 

 

卒業後も就労移行支援で学べる!

上記でも述べましたが、放課後等デイサービスと就労支援事業の2つを併せ持つ施設は大阪にまだ少ないのです!

 

18歳になって放課後等デイサービスから離れても、ディープレイスなら同じ施設内で就労移行支援の利用ができるから、環境の変化に敏感な利用者にとって嬉しいことです。

 

ディープレイスの就労移行支援で行うことは…

・パソコンの練習をする

・履歴書を一緒に書く

・面接の練習をする

・職場体験をする

・就職後のフォロー(職場、本人へのリスニングなど)

 

などなどです。

一人一人に向き合った手厚い支援を行ってくれますね。

 

そんなディープレイスでは、色々な行事も行います!

【進路セミナー】

11月25日(日)
時間はディープレイスまで問合せください。

発達障害のあるお子様をお持ちの保護者様向けのセミナーです。

 

心配事など、なんでも聞いてみてください。

 

【プログラミング体験会】

12月1日(土) ・12月15日(土)

13時30分~開始

14時30分  終了

(相談会も受け付けてます。)

 

ぜひ体験会に参加してくださいね♪

教室名 ディープレイス Dplace
住所
大阪市北区本庄東2丁目2−30
ウィッシュ大阪ビル9階
TEL 06-6467-8664
URL https://dplace.jp
ディープレイス 入口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です