週刊大阪日日新聞8月31日号の神対応企画の裏側を紹介します

本日8月31日に配布の週刊大阪日日新聞。
北区、福島区、都島区、鶴見区、旭区、城東区に配布されているのですが見ていただけましたか?
この新聞に子連れで取材に行ったのに神対応だったお店という特集があるのですが…
実際取材したときの神対応は紙面に写る部分だけでは無かったんです!
まず、実際この企画はなぜ生まれたのか?

子連れで取材に行ったのに神対応だったお店

実は、この特集はドットコムがママ団体だったからできたんです。
私たちは普段子どもが学校や保育園、幼稚園に行ってる間に働いています。
もちろん、子連れで働ける会社を創るドットコムホールディングスですから、ベビーカーや抱っこで子連れで働くスタッフも多くいます。
そんななか、来たんです。夏休み~~~~!
普段子どもを預けて働いているスタッフも子連れで働く季節
日本も働き方に寛容になってきたとはいえ、子連れだと「仕事なめてるの?」「うるさくて仕事にならない」なんていわれることも多々…泣
私たちは、夏休みで預け先もなく、申し訳ないと思いながらお伺いしてるのに…それならそこを逆手に取ってやる!
子連れなのに神対応のお店をしてくれるお店は普段から関わる人を大切にしている証拠。
そこで、ママ記者でたくさんのお店を訪問し、神対応をしてくれた本物のいい店を紹介することができると考えました!

今回掲載された城東区の神対応だったお店は

スギタグループ

今回掲載された内容はこちら…

実は掲載部分以外の裏側も終始神対応。
会社に入った瞬間からとっても笑顔で迎えていただきました。
取材中も子どもにジュースをだしてくださったり、絵本やおもちゃを持ってきて一緒に遊んでくださり、

子どもがぐずること無くとてもスムーズ。
帰るときにおもちゃを片付けようとすると、
「置いといてくださいね!後で○○くん(社員さん)と遊ぶから~笑」と社長。
優しいお気遣いに感動です。
写真も掲載しきれませんでしたが、ベビーカーを社長が持って2階へ運んでくださり

降りるときも抱っこしてくれて

子連れでも、社員のみなさま終始笑顔で取材に応じてくださり、とても安心して取材ができました。

お店詳細

スギタグループ
住所 大阪市城東区今福東1丁目4番19号
電話 06-6931-7100
ホームページ https://sugita-j.com/

510 ファイブテン

今回掲載された内容はこちら

内容にもありますが、取材中に子どもと遊んでくださりジュースやアイスも出してくださり

「お店でもお子様も一人のお客様と考えてます。大人のお客様と変わらないおもてなしをさせていただきます~」と、普段から子連れに優しいお店ということを取材で実感。
社長も社員様も子どもを楽しませようと急遽「フランベを見せてあげるよ~」と。

また、取材の裏側では
店内が広く走ってしまう子にも「全然大丈夫ですよ~気にしないでくださいね。そのために通路も広くしてるので!」と社長の優しいお言葉。

帰りはお土産に飴までいただきました。

入り口の像の置物にも抱っこして乗せていただき(乗り物ではない)
取材に行ったのに、お店に食べに行きおもてなししていただいたかのようで、子ども達は「仕事は楽しいもの」と思ったに違いありません。

お店詳細

510 FIVE TEN
CHINESE RESTAURANT + STEAK HOUSE
住所 大阪市城東区永田2-7-12
電話番号 06-6968-0510
営業時間 平日(月~土) ランチ 11:00~15:00(LO.14:30)
ディナー 17:00~23:00(LO.22:00)
日祝 ランチ 11:30~16:00(LO.15:00)
ディナー 17:00~23:00(LO.22:00)
定休日 毎週火曜日(祝日は除く)
年末30日~年始2日は休み
HP http://www.510.co.jp/renewal/

最後に…

まだまだ、神対応のお店はたくさんあるともいます!
また次の神対応特集でみなさんのお店にお邪魔するかもしれませんので、その時はよろしくお願いします!
神対応の特集が気になる…というお店さん。アノお店神対応!などの情報もあれば、気軽に連絡お待ちしてます。
そして、この記事を見ているママ~
こんな職場なら働いてみたいな!楽しそう!どんな仕事か知りたい!なども気軽に連絡してね。

城東区ドットコムLINE

城東区ドットコムSNS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

乙女の欠片もない乙女座。O型に間違われ、AB型に生まれたかったA型。歳は聞かないで。育児奮闘中。2人兄妹のママ。毎日電動チャリで城東区内を駆け巡ってます。座右の銘は、まだまだ決まらず...やはり「優柔不断」です。