週刊大阪日日新聞の広告をお得に出す方法って?

広告をお得に出すには◯◯◯◯◯経由で申込みをする

週刊大阪日日新聞の広告をお得に出す3つの方法

大阪で26万世帯に無料配布している「週刊大阪日日新聞」ですが、お得に広告を出稿する方法が3つありますので、ご紹介します。

💡長期契約をする

半年契約、年間契約をすることで2割引、3割引で広告を出すことが可能です。

半年契約・・・半年の間に6回以上広告を出稿する
年間契約・・・1年の間に12回以上広告を出稿する

広告サイズの組み合わせは自由です。
「普段は小さい枠、売り出しの期間は大きい枠」のように
毎回枠の大きさを変更することが可能です。

お支払いも、一括払い、月々払いをお選びいただけます。

値引率は

半年契約・・・2割引
年間契約・・・3割引

になります。

広告は続けて出すほど効果が出ます。その理由は心理学でも実証されています。

単純接触効果

繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文にまとめ、知られるようになった。

初めのうちは興味がなくても、何度も見たり聞いたりすると、次第によい感情が起こるようになってくるという効果。たとえば、よく会う人や、何度も聞いている音楽は、好きになっていく。これは、見たり聞いたりすることで作られる潜在記憶が、印象評価に誤って帰属されるという、知覚的流暢性誤帰属説で説明されている。また、潜在学習や概念形成といったはたらきもかかわっているとされる。

図形や、漢字、衣服、味やにおいなど、いろいろなものに対して起こる。広告の効果も、単純接触効果によるところが大きい。CMでの露出が多いほど単純接触効果が起きて、よい商品だと思ったり欲しくなったりするのである。
Wikipediaより抜粋

 

広告料金はこちら

週刊大阪日日新聞 広告とは、今更聞けない広告の特長、料金、広告サイズ等を徹底解説
週刊大阪日日新聞とは?まったく新しいメディア「週刊大阪日日新聞」これまでになかったスタイルで、フリーペーパーを超え、一般新聞と同じ大判カラーで、毎月2回発行(キタ版と京阪版は月1回)、無料で各家庭に配布されている新…

💡企画ものに参加する

通常の広告枠とは別に、毎月企画枠があります。
「コロナ対策特集」「日日theモール」「習い事特集」など
この枠は2〜3万円程度の価格で出稿でき、注目度も高いので、自分の商品にマッチングしたらぜひ出稿してみてください。

(企画の例)


企画は見開きの場合もあって、こんな感じでめっちゃ目立ちます!

💡ドットコムホールディングス経由で広告を出す

1番のオススメは、弊社ドットコムホールディングス(以下ドットコム)の営業マン経由で広告の申込みをすることです。
ドットコムは地元のママさんがポータルサイトで地域情報を発信している会社です。
ドットコムの営業スタッフは週刊大阪日日新聞の営業も兼務しています。

ドットコム経由で広告を出すメリットは

1、ドットコム公式LINEで新聞広告の割引情報を受け取ることができる
2、地域のお店が参加しているドットコムオープンチャットに参加できる
3、ドットコムのポータルサイトに無料でお店情報を掲載できる
4、オンラインセミナー(3300円)が無料で受講できる etc

などなど、今後もたくさんのメリットをお届けする予定です。

私たちがお伺いいたしまーす

まとめ

週刊大阪日日新聞の広告をお得に出すには、

・長期契約を利用する
・企画に参加する
・ドットコム経由で出稿する

の3つの方法があります。最小の投資で最大の効果を出す方法を一緒に考えますので、広告を出そうかな?っと迷っている人がいたら、ぜひご連絡ください。

 

週刊大阪日日新聞の広告に関するお問い合わせはこちらから。

福島区ドットコムLINE

福島区ドットコムSNS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。