【地震・豪雨】離れていても、助け合いはできるはず

0

こんにちは、フミカです。

災害が続き、悲しいニュースが飛び交っていますね。

※写真は、災害とは関係ありません。

158人が死亡し、7府県で56人が行方不明。(平成30年7月11日現在)

 

粉ミルクや着替えなど、物資もまだまだ不足のなかにあるようです。

 

もし私たちがそんな状況なら…

もし私たちが助けを求めたら…

手を差し伸べてくれる人は、きっとたくさんいるはず。

でも、その方法がわからない…

そんなときには、

義援金活動に参加してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、

◆「寄付金」とは

被災者への支援活動をする団体(主にNPOや自治体)に届くお金。集まったお金は、公共道路などの復旧支援事業のために使用されることが多い。

◆「義援金」とは

被災者に対し直接渡されるお金。平等に渡すため、配布されるのが事故発生時よりしばらく経ってからとなる。

なんだそうです。

(出典 http://alternas.jp/study/news/22673)

 

旭区からでも、何かできることがきっとある。

そのひとつとして、以下の方法をご紹介します。

平成30年大阪府北部を震源とする地震義援金

受付日時

平成30年6月26日~9月28日まで

月曜ー木曜 9:00~17:30

金曜 9:00~19:00

※土日祝をのぞく

義援金箱設置場所

旭区役所 1階正面玄関ロビー

注:領収書が必要な方は、必ず、投函前に防災担当(3階34番窓口)へ。

平成30年7月豪雨災害義援金

受付日時

平成30年7月11日~12月28日まで

月曜ー木曜 9:00~17:30

金曜 9:00~19:00

※土日祝をのぞく

義援金箱設置場所

旭区役所 1階正面玄関ロビー

注:領収書が必要な方は、必ず、投函前に防災担当(3階34番窓口)へ。

 

人情味あふれる旭区から、あたたかい心を届けてみてはいかがでしょうか。

助け合いが当たり前の世の中になりますように。

※写真は、災害とは関係ありません。

fumika

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です