旭区から世界チャンプを

旭区出身のプロボクサー 井岡ジム 城後 響 選手

小、中、高は野球選手だった。近畿大学で廃部状態だった赤井英和総監督に合流する。近大の主将として、関西学生ボクシングリーグで、七年ぶりの1部復帰に貢献を果たした。

大学を卒業後、プロへ転校、2016年には西日本新人王トーナメントのバンタム級で優勝し、全12階級を通じて最優秀選手(MVP)に選ばれた。「世界チャンピオン成るための心構え」をはじめ、世界の井岡からの指導を受け、旭区から世界チャンプを目指す。

旭区の銭湯が大好きという24歳の青年と後援者となった社長との素敵な出会いもあった。春日湯でのことだ。「お前、いいカラダしてんなあ」「はいボクシングやってます」旭区はいいところ、素敵な場所がたくさんあると話す。

2017年12月10日にはチャンピオンロードに出場、ジャッジ3対0の圧巻の勝利で、見事A級ライセンスを獲得した。旭区から世界チャンプをみんなで応援しよう!

ドットコム編集部

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です